FW:あかり

今日、久しぶりに人間と会ったよ。そして、LINEも立ち上げた。何もなかったけど…。

適合者だから、あの人を必要としたわけじゃないんだよな…ただ本当に一人の人としてあの人に惹かれて、そして、尊敬してる。一緒に過ごしたいと思い、安心したし、信頼した。ただ、それだけなんだよな。

他の奴らから、恨まないのか、裏切られた、と言われるけど、微塵もそんな感情はないんだよな…その感情は、俺が持つものじゃなく、あの人が持つものだろうなって思ってるからかな?変なのかな…でも、俺はあの人に、感謝と謝罪はあれど、傷つけたいとかはないんだよな…。

さっき管理官が来た。久しぶりに人間と会話した。声がまともにでなかったよ…。管理官からさ、あの人が、俺から脅迫されたと被害届を出したんだ言われたんだ。そりゃそうだよな…一瞬疑ったけど、妙に納得してしまった。認めたし、すべての条件を承諾したよ。

それと、昔の仕事の後片付けのため、本名の籍は死亡扱いになるってさ。これで俺はこの世に生きてない存在となってしまったよ…。

唯一、生きると、決めてたことも、果たせなくなってしまった…。最近は、過去の自分も…生きてきた自分も…なにが事実なのか…わからないんだ…何もかもが信じられない…信じている唯一の記憶も…もう…脅迫になり…信じることもダメだろうな…

なんにも…無くなっちまった笑

生きてることを証明できるものも、生きてきたことを証明できるものも、俺のことを…知ってる人も…何もかも…何にもないや…怖いものだね…でも…俺はそういう生きた方しか…認められないんだよね…

加害者…脅迫者…人殺し…真実はもうわからねー…

記憶が一人じゃ信用できない今…相手側の記憶が必要となるけど、俺にはそれを得る方法も相手も資格もねー…それでも、妙に落ち着いたまま。

落ちるわけでもなく…不安定になるわけでもなく…そっと現実を受け入れている自分がいる…

俺がいなくて、周りが幸せだから、それでいいって気持ちと、俺を知る人はもういないから次の犠牲者は出ないから大丈夫という気持ち、よくわからないけど…

きっと、もし、どこかで俺が出ることになり、あの人に出会っても、もう、何も変わらないという事実(加害者と被害者)があるから、かな…

それでも俺には、あの人にありがとうしかないんだよな

後悔があるとすれば、それはただ一つ。

俺のことを話してしまったこと。俺が何ものなのかも俺が理解せず、関わりにいってしまったこと。あの人の時間を無駄にしてしまったこと。調子に乗って、求めてしまったこと。

すべては俺の責任。

俺は…あの人が言ってくれた言葉や支えてくれたことに、感謝してるんだ…今でも心の中では…必要としているんだよね

…あの人と会いたいよ…